HOME > ニュース > 2012ニュース > 第25回東京国際映画祭

2012.10.21

25回東京国際映画祭特別招待作品「渾身」日本初一般公開



 東京国際映画祭は世界都市・東京が開催する映画祭として、政府の産業振興が名目の潤沢な支援も受け、トヨタと連携したエコロジー大賞や環境に優しい映画祭を提唱するなど斬新な企画を打ち出し、テレビ受けするスターを勢揃えさせるなど常に大きな話題を投げかけてきた。ただ世界の映画界の中でのプレゼンスは、釜山や上海などに押され低下していると言わざるを得ない。
 六本木ヒルズのグリーンカーペットに押し寄せた膨大な数のメディアを、錦織監督、主役の伊藤歩、青柳翔とともに隠岐の島から応援に駆け付けてきた力士達と相撲甚句の高らかな響きが圧倒し、前田敦子や石原さとみなど人気アイドルをしのぐインパクトを渾身チームは発揮していた。
 東京国際映画祭で渾身は初めて日本国内の一般公開(ジャパンプレミアム)を実現した。これまでに試写会形式で何度も上映されては来たが一般公開は試写会とは違う反応があり、ただ招待されて観るのと入場券を自分で買った人が観るのとでは、観る側の映画に対する心構えが大きく違うということ、そして一般に公開することの重みや怖さを改めて実感できた。
 東京国際映画祭の一般公開での観客の反応は、より熱く、よりストレートで、より増幅されたものあった。最初は所在なげに構えていた人が、ストーリーの展開とともにスクリーンに釘付けになってくる様は隣に座っている我々にビリビリと伝わってくる。これからの公開に向けて期待が膨らむ東京国際映画祭であった。























[本社]
〒690-0065
島根県松江市灘町228

[地図]
TEL.0852-67-3120
FAX.0852-67-1230



LinkIcon

LinkIconLinkIcon
LinkIconLinkIcon